スポンサーサイト

  • 2017.11.27 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    永代供養墓とは

    • 2017.11.19 Sunday
    • 00:29

    永代供養とは、寺院や霊園、納骨堂にご遺骨を納骨または埋葬して、

    末永く供養や管理することを言います。

    そのお墓を永代供養墓と言います。

    一般に納骨壇があって個別に骨壺のまま納めるものと、

    他の方のお骨と一緒に埋葬するものがあり、

    納骨するものを納骨堂、

    埋葬するものを合祀(ゴウシ)墓や合同墓といいます。

    お墓を建ててもそれを継承される方がいない場合や、

    承継するお墓があるのですが、次の方が不在で途切れてしまったり、

    次に方にこうした負担を負わせたくない方が

    多く利用するようです。

    最近は、宗教や宗派にとらわれず、自由に利用できることろが、


    増えてきているようです。

    そんな時代の中で、
    全国永代供養墓ネットのお墓は、
    とにかく破格、格安です。

    山形県鶴岡市、新潟県三条市、愛知県愛西市の永代供養合祀墓は、39,800円

    お布施不要、安いお手軽、便利でありながら
    全国永代供養墓ネット浄光寺にお任せください。

    全国永代供養墓ネットのお墓です。

    全国永代供養墓ネット浄光寺には、
    お葬儀やお墓の心配がいらない友の会全国永代供養墓ネットのお墓は、 とにかく破格、格安です。 山形県鶴岡市、新潟県三条市、愛知県愛西市の永代供養合祀墓は、39,800円 お布施不要、安いお手軽、便利でありながら 全国永代供養墓ネット浄光寺にお任せください。があります。

    ・お一人様
    ・後継者がいらっしゃらない方
    ・後継者の方にご負担をかけたくない方

    事前予約できます。
    総額なんと、35,000円です。
    供養して永代供養合祀墓に埋葬します。

    35,000円これぞ究極の終活ですよね。

    全国永代供養墓ネット浄光寺へ、
    ご相談ください。

    山形県鶴岡市、愛知県愛西市、新潟県三条市の永代供養合祀墓も39,800円

    管理費・お布施不要、安いお手軽、便利でありながら
    懇ろ供養の浄光寺にお任せください。

    僧侶派遣、坊さん紹介、
    八柱霊園、市川霊園、松戸霊園、昭和霊園の
    納骨・年忌法要はお任せください。
     〇八柱、松戸、市川、昭和、印西霊園での僧侶派遣、
    納骨・年忌法要は、出張費無料
    〇印西、馬込斎場などお寺から片道20キロ圏内の僧侶派遣、
    お葬式は、出張費無料
    〇お寺にてお骨のお別れ会は、会場費無料
    〇檀家になる必要全くなし。 
    〇お布施・交通費不要
    〇法要は30,000円
    〇火葬式50,000円
    〇お葬儀80,000円
    〇お別れ会30,000円(お寺で)


    https://kuyou.jimdo.com/http://kuyou.jimdo.com

    お墓のお供えについて

    • 2017.11.15 Wednesday
    • 14:29

    お墓参るをする時に、お供えに何をもっていかれますか?

    お花、お線香、お菓子、飲み物(お酒)、

    食べ物、たばこ

    をもって行かれる方が多いと思います。

    そんな時よく聞かれるのが、

    「造花はどうですか?」

    ということです。

    実は浄光寺の秋桜中央霊園も華典霊園も

    造花です。

    いつでもきれいな色を出している。

    汚れても水で洗えば綺麗になる。

    メリットが多いと思います。

    昔は庭先の花をお供えしていたようですが

    時代の流れですね。

     

    しかし、お寺や霊園によっては、生花でないと仏さまに失礼だとか、

    逆にお供えしたあときちんと処分を求めるお寺や霊園もございます。

    ご住職や霊園の管理者の方とご相談くださいね。

    ただし、お供えした生ものは、必ず持ち帰るようにしてください。

    これはどちらのお寺や霊園でも共通だと思います。

    傷む、処分に困るという問題がございます。

    明るく元気に挨拶してお互いに気持ちよくお墓参りを

    したいものですね。

     

    永代供養墓、合祀墓、ペットも入れる家族墓は、

     

    山形県鶴岡市の華典霊園

    新潟県三条市雲居寺

    愛知県愛西市大法寺

     

    全国永代供養墓ネットにご相談ください。

    事務局 浄光寺http://kuyou.jimdo.com

     

    の浄光寺のお墓をご利用ください。

    合掌について

    • 2017.11.15 Wednesday
    • 14:24

    合掌について

    お墓の前で、右手と左手を合わせて合掌しますよね。

    その意味について、考えてみたいと思います。

    某テレビコマーシャルでは、手と手のシワを合わせるから幸せ(シアワセ)

    言っていましたがうまこというなと、妙に感心しました。

    永代供養墓といえば、

    千葉県印西市の秋桜中央霊園、山形県鶴岡市華典霊園にある

    浄光寺の永代供養墓(合祀墓)をご利用くださいね。

    インドにおいて、右手は仏さまの象徴で、清らかなものや知恵を表します。

    左手は衆生、つまりは自分自身ですね。罪穢れをを表します。

    清浄と穢れを合わせることで、すべてが清らかになる、

    この私が仏さまと一体になることや仏さまへの帰依を示すとされています。

    他の人への合掌はその人への深い尊敬の念を表すものとされています。

    日本ではお墓で、ご先祖様への尊敬や感謝の気持ちを表したり、

    他人へのお詫びやお願いごとの時に使ったりします。

    食事の時に、そのお食事を頂けることへの感謝の気持ちろして合掌しますよね。

    私たちはこうして生かされていることを、ご先祖様や仏さまに感謝して、

    まずは合掌して頭を下げてから、お墓参りさせていただきたいものですね。

    永代供養墓といえば、

    山形県鶴岡市華典霊園、新潟県三条市雲居寺、愛知県愛西市大法寺にある

    全国永代供養墓ネットのhttp://kuyou.jimdo.com永代供養墓(合祀墓)をご利用ください。

    永代供養墓の納骨(埋葬)について

    • 2017.11.15 Wednesday
    • 14:20

    http://kuyou.jimdo.com永代供養墓の納骨(埋葬)方法について

    永代供養墓は納骨堂タイプと、合祀墓(ごうしはか)タイプがあります。

    1. 合祀墓タイプは、最初からご遺骨を骨壷から出して1ヵ所にまとめて土に還す形です。いきなり他の方のお骨と一緒になってしますことに抵抗にある方も多いと思います。全国永代供養墓ネット浄光寺の合祀墓は、原則として、一霊ごとに粉骨して、骨袋に納めて納骨します。まさに個別納骨感覚です。
    2. 永代供養墓タイプには、大きく分けて2つあります。ある一定期間、たとえば13回忌(3回忌〜50回忌でまちまちです。)まで、納骨壇や棚に骨壷(木の箱や布袋もあります)のままお骨を安置しますが、特定の期間が過ぎると合祀するタイプです。
    3. 永代供養墓のうち、期間を定めずに年間管理費を払ってご遺骨を骨壺のまま、お骨を保管管理するタイプです。基本的に通常のお墓と考え方は一緒ですが、個別のお墓という施設に納められているのではなく、集合の施設に納められています。いうなれば、お墓は分譲住宅、永代供養墓はマンションに例えることができるのではないでしょうか。
    4. お骨を分骨し、一部を本山の合祀墓に分骨するスタイルです。特に浄土真宗では、倶会一処(くえいっしょ)といって、阿弥陀如来が作られた極楽浄土に集うという考え方があり、お骨の一部または全部を本山の合祀墓で分骨または一緒にするという考え方があります。

    永代供養墓とは?

    • 2017.09.11 Monday
    • 17:07

    永代供養とは、寺院や霊園、納骨堂にご遺骨を納骨または埋葬して、

    末永く供養や管理することを言います。

    そのお墓を永代供養墓と言います。

    一般に納骨壇があって個別に骨壺のまま納めるものと、

    他の方のお骨と一緒に埋葬するものがあり、

    納骨するものを納骨堂、

    埋葬するものを合祀(ゴウシ)墓や合同墓といいます。

    お墓を建ててもそれを継承される方がいない場合や、

    承継するお墓があるのですが、次の方が不在で途切れてしまったり、

    次に方にこうした負担を負わせたくない方が

    多く利用するようです。

    最近は、宗教や宗派にとらわれず、自由に利用できることろが、

    増えてきているようです。

    これから始まる大レースではなく(笑)、寺学ブログ始めます。

    • 2015.04.14 Tuesday
    • 03:12
    浄光寺ブログ始めました!!!